佐賀の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご質問・無料ご相談・無料お見積依頼は随時受付中です!

電話番号:0120-217-854
お問合わせフォーム
VEシステムズ外観写真

多久市外壁塗装で下地調整2層目。唐津市外壁屋根塗装で下地調整1層目。佐賀市屋根高弾性防水遮熱塗装を行いました。

2020-04-09

お疲れ様です。

4月9日の施工日記を更新します。

今日は3つの現場に分かれて作業を行いました。

1箇所目は多久市の住宅にて外壁塗り替え工事です。

外壁の下地調整の2層目としてエポキシ結合微弾性サーフェーサー、エピテックファラーAEを塗装していきました。

このエピテックフィラーAEを塗装することによって外壁の防水性が増すことにつながりますし、エポキシ結合ですので、密着力も高くなります。

一般的な微弾性サーフェーサーに比べると材料価格が高いのが難点ではありますが、長い目で見ると、使用するのが絶対に良いと思える塗料です。

また、下地調整2層目の後にはシロキサン結合の高耐久シリコン樹脂のマックスシールドシリコンにて破風の1回目塗装

雨樋の1回目塗装を行いました。

2箇所目は唐津市の住宅にて外壁屋根塗り替え工事です。

外壁の膨れやクラック補修が終わり、下地調整へと入っております。

まずは下地調整の1層目として浸透性シーラーのエポパワーシーラーを塗装していきました。

浸透させていく塗料ですので、たっぷりと染み込ませるように塗り込んでいきました。

3箇所目は佐賀市のテナントにて屋根高弾性防水遮熱塗装です。

屋根の仕上げ2回目塗装です。

1日掛けて延々ととにかく塗膜をたっぷりつけていく事を意識しながら塗装していきました。

本日、無事2回目塗装の完了です。

本日も無事作業の方終了しました。

お疲れ様でした。ら


お問い合わせはこちら