佐賀の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご質問・無料ご相談・無料お見積依頼は随時受付中です!

電話番号:0120-217-854
お問合わせフォーム
VEシステムズ外観写真

外壁診断士

外壁塗装は専門家にきちんと調査してもらいましょう

「一度、外壁をしっかりチェックしてもらいたいけれど、どうしたらいいのかわからない」――もしもこんなことでお困りでしたら、専門的な知識を習得しており、公正なアドバイスや提案ができる「外壁診断士」にご依頼いただくことをおすすめします。

佐賀の外壁塗装を完全自社施工で展開する「VEシステムズ」では、専門知識のある外壁診断士がお客様宅の壁や屋根などを徹底調査いたします。

外壁劣化診断調査・評価表をお渡しして、お客様にわかりやすくご説明いたしますので、どんなことでもお気軽にお尋ねください。

外壁チェック

外壁塗装は、雨風や紫外線、空気中のホコリなどのダメージから家本体を守ってくれています。

言い換えれば、塗装がはがれてしまうと家をさまざまなダメージからしっかり守ることができないということです。

一般的に外壁塗装は、前回の塗装から7~10年に1度が基本ですが、定期的にチェックすることが大切です。

ここでは、外壁の劣化を調べる簡単なチェックポイントをご紹介します。

次のような点が見つかったら、それは塗膜の劣化のサインです。

そのまま放置しておくと、雨水や湿気が外壁から内部へとしみ込み、建物を傷める原因になります。早めの塗り替えを検討しましょう。

建物への影響はほとんどありませんが、劣化は確実に始まってきています。
これは「チョーキング」といわれる現象で、塗料が劣化して防水性がなくなってきているサインです。
塗膜のヒビは、温度変化や湿度の変化などによって生じます。「クラック」と呼ぶこともあります。

水はどんな小さなすき間からでもしみ込み、建物内部にまでダメージを与えていきます。小さなヒビでも水のしみ込みは始まっているのです。
外壁や屋根の表面にホコリや土が付着し、カビやコケが発生することがあります。

塗装の劣化だけでなく、下地への影響も懸念されます。特に屋根の場合では、カビやコケによって雨水がきちんと流れず、建物本体にダメージを与えることも。
木部の傷みは、外壁や屋根よりも早くあらわれます。

塗料がはがれて下地が見え始めると、雨水や空気が直接下地と接触することになり、劣化が進んでいってしまいます。

外壁診断士とは

外壁チェックによって劣化ポイントでひとつでも見つかったという場合は、一度外壁診断を受けてみませんか?

外壁の診断は、外壁や屋根のきちんとした知識を持った「外壁診断士」に依頼すると安心です。

外壁診断士とは、一般社団法人 全国住宅外壁診断士協会が認定する資格です。

外壁の性能と劣化によって生じる問題に対して専門的な知識を習得しており、依頼者に公正なアドバイスや提案ができる技術者に対して認定されます。

VEシステムズには外壁診断士がいるから安心!

佐賀の外壁塗装を完全自社施工で展開する「VEシステムズ」には、お客様宅の外壁をしっかりと冷静に判断できる、専門の外壁診断士がいます。

セルフチェックによって外壁の状態が気になるという方は、VEシステムズの無料外壁診断をお気軽にご利用ください。

当社の外壁診断士は、無料でお客様宅の外壁や屋根をすみずみまでチェック。

塗り替えが必要な時期かどうか、どのような塗り替えが適切かなど、わかりやすくお客様にお伝えします。決して無理に塗り替えをおすすめすることはありませんので安心ください。


お問い合わせはこちら